fc2ブログ

記事一覧

Oh! Bentoコンシェルジュ 松本希子の [ゆさんすたいる] 2014年5月号


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


  Oh!Bentoコンシェルジュ 松本希子の
[ゆさんすたいる] 2014年5月号


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

物見=見物 遊山=気晴らしに遊びに出掛けること

江戸時代の観光とでもいいましょうか。

日本人の旅にはおべんとうがつきもの!ということで
タイトルを「ゆさんすたいる」と名付けました。

■ 今月の話題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「おべんとう豆知識・・・日常(ケ)のおべんとう」

日本のおべんとう文化は「ハレ」と「ケ」のおべんとうで成り立っているというのが私の持論です。
「ハレ」を代表するのは幕の内弁当や松花堂弁当といった“よそいき”のおべんとう。
「ケ」のおべんとうといえば、毎日の仕事や勉強を支えてくれる日常のおべんとうのこと。
コンビニが街にあふれるいま、おべんとうはつくるものから買うものとなっている人が多いのかもしれません。
しかし、書店の料理本コーナーには堂々とおべんとうつくりに関する書籍のコーナーが幅をきかしています。
また、おべんとう専用の冷食がこれほど発達している国もありません。それほど日本人にとっておべんとうは生活の中に浸透しているということなんですね。

いまでこそBentoと海外でも注目される日本のべんとうですが、海外にもおべんとうはあります。
おべんとうをランチボックスと英訳しますが、欧米のそれを日本人が見て、これがおべんとうとして認識はなかなかできないでしょう。
一概におべんとうと言ってもその国ごとの食文化に応じたスタイルがあります。
パンとりんご1個でお昼をすませる国からすると、日常のおべんとうですら栄養と味のバランスを考え、彩りを考え小さな空間に細々と食材を多数詰めるという「毎日よくやるよ〜」と叫んでしまいそうなおべんとうをいとも簡単につくってしまう日本人こそアンビリバボーな存在ですよね。
その上キャラ弁、デコ弁という細部のディティールにこだわる驚きのおべんとうさえも、日常のおべんとうとしてつくってしまうのですから。
しかし、そこが日本人らしさであり、感性の素晴しさなんだと思います。


■ おしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

注文の多い料理店×Oh!BentoLabo「新茶でいただきます!の会(仮)」を開催します。
Oh!BentoLaboに毎日おべんとうを投稿してくださっている、注文の多い料理店のオリハラカナさんはティーインストラクターの資格を持つ料理するのが大好きな女性です。
今回は新茶の季節にあわせて、おべんとうには欠かせないお茶とのマリアージュをさぐります!

6月21日(土)13:00〜 会費:未定
場所:中崎町 コモンカフェ http://talkin-about.com
皆様、ふるってご参加くださいね。

■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新緑の過ごしやすい季節を迎えたと思うまもなく、真夏日が続く日本列島。
おべんとうの衛生管理も難しくなる季節となりました。
くれぐれも食中毒には気をつけましょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

『Oh! Bentoコンシェルジュ 松本希子の ゆさんすたいる』
 発行日:月1回・毎月15日 発行開始日:2013年5月15日
 発行元:Oh! Bento Labo 代表・松本 希子
 ウェブサイト:http://yusanstyle.blog.fc2.com/
 Facebook:https://www.facebook.com/World.Oh.Bento.Labo

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント