fc2ブログ

記事一覧

Oh! Bentoコンシェルジュ 松本希子の [ゆさんすたいる] 2014年4月号


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


 Oh!Bentoコンシェルジュ 松本希子の[ゆさんすたいる] 2014年4月号


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

物見=見物 遊山=気晴らしに遊びに出掛けること

江戸時代の観光とでもいいましょうか。

日本人の旅にはおべんとうがつきもの!ということで
タイトルを「ゆさんすたいる」と名付けました。

■ 今月の話題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「おべんとう豆知識・・・歴史編(2)」

すでに単の桜は葉桜となってしまいましたが、遅咲きのしだれ桜や八重桜が満開の今日この頃、2回目の花見を楽しむ方も多いのではないでしょうか。
花見と言えば!バーベキュー?いやいや、そこはやはりお弁当持参で楽しんでいただきたいなぁと思うコンシェルジュでございます。

さて、その花見弁当に欠かせない弁当について少しお話をしたいと思います。
前回のメールマガジンの歴史編(1)で安土桃山時代には塗りでできた抽斗(ひきだし)つきの箱に食物を詰めたと宣教師が書物に記述したことを紹介しました。
すでにこの頃には重箱が存在していたということになりますね。このメールマガジンのタイトル“ゆさんすたいる”の由来となった遊山箱のはしりという感じでしょうか。

常々、私は日本には「ハレ」と「ケ」のお弁当があるとお話をしています。「ハレ」の代表といえば花見弁当をはじめとする行楽弁当。
天下太平の世の中となった江戸時代には、これまで大名など為政者が中心に楽しんだ行楽(物見遊山)が商業の発達したことで町人までが、春は桜、秋は紅葉と楽しむようになり、天保のころ松茸狩に行った京都の町人達が鳴物入りで騒いだところ町奉行におとがめがあり、多数召し捕らえられたといいます。
しかも、重箱の中の玉子焼きが贅沢といって没収されています。
また、元禄時代から盛んになった芝居見物。江戸や尾張名古屋、京坂(京都・大坂)ではおめかしをして、おいしい弁当を幕間に食べるのが楽しみだったことから、名古屋で芝居弁当が売り出され、その後大阪でも販売されるようになりました。これも「ハレ」のお弁当ですね。江戸ではこれより少し遅れて幕の内弁当が登場します。
中身は焼きおにぎり、玉子焼き、煮しめなど。これがいまの幕の内やオーソドックスな駅弁のルーツになっています。

世界でも類のないほどの発展を遂げ、いやまだまだ変化しつつある日本のべんとう文化。次回は日常「ケ」のお弁当についてご紹介したいと思います。

※参考文献:食文化誌ヴェスタ第62号

■ おしらせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本酒×Oh!BentoLaboとのマリアージュの会を開催します。
5月17日(土)13:00〜

皆様、ふるってご参加くださいね。

■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、Oh!BentoLaboのメンバーで制作いたしました「むすんで、ひらいて、おいしいOh!Bento」がエントリーしておりました、第9回むす美ふろしき公募展にて入選し、京都造形大学賞を頂戴いたしました。
4/12(土)にコンシェルジュ松本が授賞式に行ってまいりました。
作品はこちらです。
http://www.recete.jp/img/new2019/OhBentoBook_furoshiki.pdf

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
『Oh! Bentoコンシェルジュ 松本希子の ゆさんすたいる』
 発行日:月1回・毎月15日 発行開始日:2013年5月15日 発行元:Oh! Bento Labo 代表・松本 希子
 ウェブサイト:http://yusanstyle.blog.fc2.com/
 Facebook:https://www.facebook.com/World.Oh.Bento.Labo
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント